大阪・京都・神戸で 人を育て売上を向上させるコンサルティング&コーチング

アプワードビズコンサルツロゴ

全ては伝え方しだい

「売上の向上と人材の育成、どちらも相手をその気(買う気・やる気)にさせることができるかで決まります。そして、相手がその気になるかどうかは、内容よりも伝え方で決まります。他社には真似できない優れた商品だとしても、その良さを相手に伝得ることができなければ売れませんし。また、一生懸命指導したとしてもこちらの思いが伝わらなければ、従業員は反発し適当な理由をつけて会社を辞めていくでしょう。

どうやれば効果的に伝えることができるのか?当事務所ではコーチング(”気づき=認識の変化”を起こす言葉の仕掛け)とアドバイス(必要に応じた専門家としての知見・知識・情報の提供)を行うことでお手伝いいたします。

あなたのCON(共に)+SULT(座る)+ANT(人)でありたい

代表者今井彰の写真

コンサルタントは “悩んで座っている人の隣に「どうしたんだい」と言って座る人”のこと。
話を聴いて寄り添い場合によっては新たな気づきを促しアドバイスをする、その結果悩んでいた人が再び立って未来に向かって歩き始める、これがコンサルタントの本来の姿なのだろうと思って日々の活動をしています。

Upward Biz(お客様のビジネスが上昇する)ためにCon+Sult(ともに座って考える)存在、それが私の目指す支援のあり方です。

What's Newのアイコン

最近投稿のコンテンツ

  • 良い姿勢になる|好かれる会話術
    自信に満ちた態度をとるためには、たとえ自分に自信がなかったとしても、まず良い姿勢になるように意識づけすることが必要である。不思議なもので、良い姿勢を意識しているとだんだんと考え方が前向きになってくる。良い姿勢になるには?

  • 今後ますます人財教育は重要になってくる|ブログ
    今回のコロナ禍を経てますます多くの企業で内部留保の獲得が重要視されると予想される。費用の圧縮と資産の有効活用について各社で議論が進む中で、資産(直接利益の源泉となる存在)である人財と費用(利益を生み出すために費やされる存在)である人材とでは、今後ますますはっきりとした区別して考えることが求められるだろう。

  • 感情(情動)|私家版用語説明
    多くの心理学の書籍では情動とは、古い脳(主に大脳辺縁系)で行われる感覚刺激への評価の結果起こる生理的反応や行動反応などのことであり、感情とは体に起こった生理的反応や行動反応を新しい脳の一部である前頭前野で認識したものと別物として定義される。

  • 魅力的な表情を作る|好かれる会話術
    街で観察すると無表情な人や怒った顔の人が多い。第一印象は出会ってから2分間で決まってしまうので、素の顔の印象が悪い人は知らず知らず自分を不利な状況に追いやってしまっている。第一印象を良くするには魅力的な表情が必要。そのための方法について。

  • 顔のストレッチ|好かれる会話術
    仕事をしている中でいつの間にか緊張してしまっている時がある。大事な商談の前ならそうなるだろうし、重い荷物を持っているだけでもそうなる。特に顔が緊張のため強張っていると第一印象が悪くなってしまう。

事務所概要

事務所概要や代表者今井彰のプロフィールなど、当事務所について。

→ 詳しくは

事業内容

専門とする対応分野やご支援までの流れ、料金について。

→ 詳しくは

◀︎ 前のページに戻る ◀︎   △ ページの先頭へ △