大阪・京都・神戸で 人を育て売上を向上させるコンサルティング&コーチング

アプワードビズコンサルツロゴ

はじめての方へ

得意分野について

得意分野は売上向上策と人を育てる技術(相手を買う気・やる気にさせる仕掛けづくり)について。流通業の店長に培ったノウハウと、公的機関で販路開拓支援での経験を元にマーケティングと心理学の知識を使って支援いたします。

どのような支援を行うのか?

初めて魚釣りをする人は、本を読んだり、先輩の人に教えてもらったりしながら魚にあった仕掛けの作り方など基本的な知識を覚える必要があります。
でも実際には、水温や時間帯・潮の流れ・魚の状態など様々な要因によって釣れる条件が変わっていくので、より高い釣果をえようとするならば、試行錯誤しながら独自の工夫を付け加えていかなければなりません。大間のマグロ漁師さんを例にするならば、テレビではモザイクがかかりみせてもらえない、あの仕掛けの部分を作り上げるを作り上げることができるかどうかが成果を決めるということです。
このことは、経営判断にも同様であり、特にどう売上を向上させていくのか、どう従業員を育てていくのかという課題の解決では如実にこのことが言えます。例えば“優れた製品”だからといって売れるわけではなく“個別のお客のニーズにあった製品”が売れるということや、“正しい教育法”を導入したからと言って従業員が育つわけでなく、“その人その人にあった育て方”が必要であることからも分かりますよね。

したがって、この二つの分野では、正しい答えのアドバイスよりも、独自の工夫を付け加えられるように導びく支援でなければなりません。
そのため、当事務所では一言で言うならば、コーチングをベースにしたコンサルティングを行っています。ただアドバイスをするのではなく、コーチングを行うことで新たな気づきを起こし、必要に応じてアドバイスを加えると言うスタイルを基本的には行っています。

※事業承継など、国の施策などの知識や正しい考え方を理解することが重要視される分野では、通常のコンサルティング(正しい知識のアドバイス)を行っています。

提案型コーチングについて

実際の支援の中で、提案型コーチングをよく行っています。提案型コーチングとは、クライアントに対し一つの考え方や知識を提案し、クライアントがその考え方や知識に立って物事を考えることで、新たな気づきを得られるようにする方法です。質問型コーチングをイメージされる方が多いと思いますが、質問型コーチングはクライアントが質問に答えようとする中で新たな気づきを得る方法なのに対し、提案型は考え方や知識といった今までとは違った視点にクライアントを誘導することで新たな気づきを得る方法ということができます。

提案型コーチングのメリットとして、クライアントが不足している場合には知識やノウハウを補ぎないながら同時にコーチングを行えることと、多くの日本人が感じる質問へのアレルギーを抑えることができるという2点をあげることができます。

当事務所について答えを知る”のではなく“答えを発見する”支援を行うコンサルタントだとご理解いただきければ幸いです。

◀︎ 前のページに戻る ◀︎   △ ページの先頭へ △