私家版用語説明集

 

ー目次ー

 気づき

気づく それまで意識になかったことに、思いが及ぶ。気がつく。(大辞林) コーチングにおいて、awarenessの訳語として導入された言葉である。 コーチングが世間に認知されるようになった2004年以前の英和辞書では「認識 […]

 ブランド・ブランディング

ブランドとは、“ここが他社商品とは違う”と明確に区別できる強いイメージとそれを表すロゴマークやブランド名などからできている。一方ブランディングとは、買い手に“他者商品との明確な違い”を強く印象付け自社のポジションを明確に […]

 STP分析

売れるためには、効果的に市場を開拓するために状況分析(=環境分析)の後に、具体的なお客は誰か、どんな人物像で、ウケるにはどんな存在として提案するべきかを想定するための分析。次にマーケティングミックスを考える際の前提条件と […]

 マーケティングミックス(4P)

売上は営業一部門が頑張るかどうかではなく、全社的な取り組みで作り上げるのがマーケティングである。マーケティングミックスとはそのために会社内の各部門をどのようにミックス(組み合わせる)のかの考え方を表したものであり、代表的 […]

 マーケティング

マーケティングとは、簡単に言えば、「(全社的な)売れる仕組みづくり」のことをいうが、マーケティングはマーケティングであって、他の言葉では説明ができない独特の概念である。「マーケティングという言葉は今世紀初頭(20世紀初頭 […]

 コンセプト

ネットや国語辞典を調べると、“全体を貫く基本的な概念”・“考え方の軸”・“基礎となっている「考え方」”・“企画の枠組み、骨組み”・” それが何者かを定義したもの“など様々な定義が記載されているが、今一つピンとこないという […]

 顧客満足

カスタマーサティスファクション(Customer Satisfaction)の訳語、通常CSと略される。”顧客の不満を解消すること”と考えられた時期があったが、そうではなく、”顧客(贔屓客)の期待にどう応えるかを考える” […]

 感情(情動)

例えば大辞林では、情動は感情の一部(※1)と記載されており、一般的には感情と情動ははっきりとは区別されていないようである。 しかし、多くの心理学の書籍では情動とは、古い脳(主に大脳辺縁系)で行われる感覚刺激への評価の結果 […]

 正当化

正当化とは、自分の都合の良いように解釈し説明をすること。簡単にいうと言い訳をするということ。 「言い訳をするな!」と子供の頃怒られた経験を誰しもお持ちだと思うので、やってはいけないこととお考えだろう。また、経営判断をする […]

 技術

技術とは国語辞典で調べるとつぎのようになる。 物事を巧みにしとげる技。技芸。 自然に人為を加えて人間の生活に役立てるようにする手段。また、そのために開発された科学を実際に応用する手段 (大辞林) 一方英語で、技術に当たる […]

 

◀︎ 前のページに戻る ◀︎  ◆目次に戻る  △ ページの先頭へ △