アプワードビズコンサルツロゴ
  

付加価値

経営の現場で分野によって意味が大きく違う言葉。二つの意味があるのは、元々の経済学の学派が違うことにある。

 

 

生産現場で生産性分析の際に使われる定義

製品価格から外部購入価値(外注費や材料費や運送費など)を引いたモノ。ざっくりいうと、企業が努力して付け加えたモノ、努力の代価と言える。生産性分析では下記のような式で求めることができる。

中小企業庁方式

付加価値 = 売上高 - 外部購入価値

 

日銀方式

付加価値 = 経常利益 + 人件費 + 貸借料 + 減価償却費

+ 金融費用 + 租税公課

 

マーケティングや戦略立案の際に使われる定義(別名:創出価値)

個々の消費者がその製品を購入し使用するから得られる都合のよいこと(メリット)から、その製品をつくるために使われた費用を差し引いたもの。別の言い方をすると企業の利益(販売価格からコストを引いたモノ)と顧客の利益(メリットから購入価格を引いたモノ)を足し合わせたモノということができる。生産性分析の際の定義との1番の違いは、顧客の利益まで考えることにある。

 

顧客は“より良いモノをより安く”(※1)買いたいと考えるので、売れるモノとは、競合よりもより顧客の利益が得られるモノということができる。したがって、売上向上策はこのことについて考え、利益の獲得とは別に考えて戦略を立案していくことになる(※2)。

 

※1良いモノ:モノのない時代には品質だったのが、現在は自分にとってメリットのあるモノという意味で使われる

※2まず製品企画の段階では、より顧客のメリットの高い製品の企画を行い、そのあと、提供の仕方や製造コストを考えることで企業の利益獲得を考える。

 

関連:価値  ベネフィット

 

◀︎ 前のページに戻る ◀︎   △ ページの先頭へ △

     
ログイン