大阪・京都・神戸で  人を育て売上を向上させるコンサルティング&コーチング

アプワードビズコンサルツロゴ

ー私家版用語説明ー
意味の調べは深智に到る道標

ブランド・ブランディング

ブランドとは、“ここが他社商品とは違う”と明確に区別できる強いイメージとそれを表すロゴマークやブランド名などからできている。一方ブランディングとは、買い手に“他者商品との明確な違い”を強く印象付け自社のポジションを明確にする活動のことである。

 

ブランドとは

 

アメリカ・マーケティング協会ではブランドは次のように定義されている。

 

「個別の売り手もしくは売り手集団の商品やサービスを識別させ、競合他社の商品やサービスから差別化するための名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、あるいはそれらを組み合わせたもの。」

 

ブランドは名称・商標・標語・メッセージ・デザイン・シンボル・イメージ・サウンドなどによって他のモノとは違うという一つの強い印象が書いての心の中で形作られたモノのことである

 

ブランド(brand)は、牧場の所有者が自分の家畜に焼印を施し、他者の家畜と区別するために行われた行為を表すbrandrというノルウェーの古ノルド語に由来を持つ言葉で、現在でも、「(悪人などの)烙印を押す」・「(家畜に)焼印を押す」「(心に強い印象を)焼きつける」という意味で使われている。

 

焼印は、まず自分のモノであり、他者のモノとは違うことを明確に識別できる印が必要であるが、同時に自分以外の人がその印を認めてくれないと機能しない。企業ブランドや商品ブランドも他社との違いを買い手が認めてくれないとブランド(心に焼き付けられた強い印象)は機能しない。

 

ブランドが形作られることによって、企業は次のようなメリットを享受できる。

・ブランドの商標権を設定することで競合と差異化できる

・顧客のロイヤルティを得て、安定的な売り上げを確保できる

・プロモーションへの依存を減らすと同時に、競合製品に比べてプレミアム(上乗せ)価格を設定できるため、利益率が高まる。

 

そして消費者には次のようなメリットを与える。

・他のモノとは最初から識別できるので、購買の意思決定に至るまでの時間やコストを節減する。

・「品質保証」されるため、購買リスクの低減・回避に役立つ。

・ブランドイメージに自己を重ね合わせ、自己実現や表現の手段とすることができる。

 

ブランディングとは

 

マーケティングにおいて一番重要なことはポジショニング(ターゲット・セグメントにいる買い手の意識の中で、自社の商品が独自の地位を占めるようにすること)である。ブランディングは“ここが他社商品とは違う”と明確に区別できる強いイメージを買い手の心の中に形作ることで自社のポジションを明確にする。

 

ブランドは名称・商標・標語・メッセージ・デザイン・シンボル・イメージ・サウンドなどによって他のモノとは違うという一つの強い印象が書いての心の中で形作られたモノのことであるが、ブランディングという行為は、ブランドを作るという行為よりも少し広い概念である。ブランディングは買い手の心の中に明確な一つのイメージを作り上げるために企業が行う全ての活動を含むからである。

 

例えばスタバと言えば、“スタバらしさ”という一つのイメージを思い浮かべることができる。

スタバらしさはロゴや店舗イメージと言ったブランドを形成する要素以外にも笑顔や接客態度と言ったスタッフの行動も含まれている。

 

ブランディングはブランドイメージを作り上げるプロモーション活動だけではなく、従業員教育や企業の社会活動といった企業の行動全てを含む活動であると言える。

 

 

ブランドは、同じような商品を見分けるために製造元が取り付けていた商標やマーク、タグ、デザインなどの付属物に過ぎないが、その商品が優れていた結果広く使われるに従い、付属物が「商品が良質だ」「使い勝手が良い」等といった判断基準を消費者に連想させるような働きをするようになる。

そしてブランドは買い手の心の中で圧倒的な価値的優位を確立し、またその顧客の期待を常に裏切らないことを約束する製品や企業の象徴のことを指すだけでなく、企業のあり方や企業の行動全てを規定するモノでもある。

 

関連:マーケティング マーケティングミックス STP分析 コンセプト

Category

カテゴリー

◀︎ 前のページに戻る ◀︎   △ ページの先頭へ △