アプワードビズコンサルツロゴ

営業が苦手な人のためのTips

話の仕方>>category>>基本姿勢について

基本姿勢について

猫背でいつも下を向いている人は自信がないように見える。逆に良い姿勢の人は自信があるように見える。また、そう見えるだけではなく、実際にそうなっている。
次のような心理学の実験がある。

“被験者に良い姿勢で幸せそうに歩くグループと悪い姿勢落ち込んだように歩くグループに分け、40個の単語を見せた。 その後、8分間歩いたあとに先ほどの単語を可能な限り思い出すように指示する。 すると、良い姿勢で幸せそうに歩くグループは、ポジティブな単語を多く覚えていたが、 一方悪い姿勢で落ち込んだように歩くグループは、ネガティブな単語を多く覚えていた。“

自信に満ちた態度をとるためには、たとえ自分に自信がなかったとしても、まず良い姿勢になるように意識づけすることが必要である。不思議なもので、良い姿勢を意識しているとだんだんと考え方が前向きになってくる。

良い姿勢とは

日本語には体の部位を使った熟語や言い回しが多いが、昔の人が体で感じたことをそのまま言葉にしたのだろう。実際、「借金で首が回らない」という言葉があるが、強いストレスがかかると首の付け根の筋肉が凝るので本当に首が動かなくなる。

そう考えると、脇を締め、胸を前に出し、腰を反らせ体を緊張させる“気をつけ”の姿勢は営業には向かないと言える。なぜなら、脇を締め胸を出すということは、肩が後ろに下がり、胸が前に出るので、昔の着物の「懐」の部分が浅い状態になるし、腰を反らせた結果お尻を突き出した状態だということは、「腰が引けている」ことになる。

心と体は連動しているので、実際の体が懐が浅い状態になると、心もそうなってしまうし、実際に腰が引けていると心の持ちようも“腰が引けて”しまう。
リラックスすると肩が前に出て、体の上部は後ろに倒れ、いわゆる懐の深い状態になる。上半身が後ろに倒れるので、その分バランスを取るために腰が前に突き出され、その結果「腰が立つ」状態になり、これが良い姿勢である。N H Kの7時のニュースのアナウンサーがこの姿勢になっている。駅のプラットフォームのベンチに座り観察していると自分の感覚では、良い姿勢の人が取れている人は1/4〜1/3ぐらいである。

リラックスした良い姿勢について

◀︎ 前のページに戻る ◀︎   △ ページの先頭へ △