アプワードビズコンサルツロゴ

営業が苦手な人のTips

話の仕方>>緊張をとる>>呼吸について

呼吸について

普段なにげなく「呼吸」と言っているが、この言葉を不思議に思ったことはないだろうか。 息を吐く・息を吸うのだから、本来は「吐吸」と表現されるはずである。なのに「吐」ではなくわざわざ「呼」と言う字を使っている。「呼」とは辞書で調べると“喉を開いて、はあと大きな声を出す”とある。風呂に浸かった時に思わず“ハァ〜”と大きく息を吐いてしまうが、あれのことである。

一方、吐く息と書いて“吐息と言う言葉がある。”落胆したり、ほっとしたりした時に思わず漏らす息、ため息”とあるように、短く浅い息のことである。 つまり、「吐吸」では息は短く浅いものということになってしまう。息は本来ゆったりと行うべきモノなので、「吐吸」ではなく、「呼吸」と表現されるようになったのだろう。

ところで普段の生活の中では、緊張したりして肩に力が入ってしまう時がある。肩に力が入ると肩が上がる。肩が上がる肋骨が持ち上げられて胸郭が狭くなり息が浅くなる。また、グッと奥歯を噛み締めて我慢しなければならない時がある。この時、腹筋にもグッと力を入れ緊張させているので、横隔膜の動きが阻害され息が浅くなる。つまり、息は短く浅くなってしまい、「吐吸」の状態になってしまっている。

息が浅くなると、動きは鈍くなるし思考力も低下する。また、疲労もすぐにやってくる。そうなると表情は硬くなるし、その結果対人関係もギクシャクしてくる。ことがスムーズに運ばなくなると、なんとかしようと頑張るので、ますます肩や腹筋を緊張させていき、悪循環に陥っていく。 本来普通に「呼吸」をしていれば、自然と体は緩み緊張はしない。悪循環を止めるには、「吐吸」を「呼吸」に戻さなければならない。

ポイント

腹の力を抜く

「直感」と言う言葉は英語では、“Gut Feeling”と言う。Gutは内臓という意味なので直訳すれば“内臓感覚”ということになる。強いストレスで、グッと力を入れ腹筋を固くしたままの状態では、内臓を感じ取ることができないということもあり、普段の呼吸では腹筋は緩んだ状態である必要がある。腹筋が緩めば横隔膜が上下に動くようになるので、自然と腹式呼吸となり息は深くなる。

腹式呼吸というと、順式(吸う時はお腹が膨らみ、吐く時はお腹が凹む)や逆式(吸う時はお腹が凹み、吐く時はお腹が膨らむ)など色々な方法があるが、普段の呼吸ではそこまで意識する必要はなく、ただお腹の力を抜き横隔膜を大きく上下させることだけに意識を向けれるだけで良い。

胸式呼吸について

呼吸が浅くなるのは肩に力が入ってしまうことが本来の原因であるが、なかなか肩の力を抜くことは難しい。
そこで直接の原因は胸郭が狭いこと、胸が詰まった状態にあるので、胸式呼吸(胸で息をする。肋骨の間の筋肉を広げたり縮めたりすることで呼吸を行うこと)を行うことで、胸郭を広げ、胸の詰まりを解消し息を深くする。

本によっては胸式呼吸は悪いことのように書いてある。確かに胸式呼吸(肋骨を動かす)だけでは呼吸は浅くなってしまうので、胸式呼吸だけを行うのは良くないことではある。しかし呼吸運動とは、どれだけ肺を膨らますことでもあるので、腹式呼吸で横隔膜を下げることとともに、胸式呼吸で肋骨を広げることでより深い息をすることができる。普段の呼吸に胸式呼吸も取り入れるべきである。

ガンコ首とガマン首

首の後ろが凝った状態をガンコ首と言う。肩の力が抜けず、首の後ろが凝った状態になると精神的には頑固になってしまう事からそういう。また反対に首の前部分、喉から顎にかけて凝った状態をガマン首という(グッと奥歯を噛み締めた状態になるので首の前側が緊張したままになる)。

俳優養成所では、上手く発声できないのは首の筋肉が緊張していることで、声帯が緊張し気道が狭くなってしまっているのが原因ということで首の緊張を取るための運動をさせられる。首の筋肉は下半身の筋肉をつながっているそうで、特に下半身を使った運動を主体に行う。このことは直接呼吸とは関係がないが、息が浅くなる原因が肩に力が入ること、グッと奥歯を噛み締めることにあるので、首の緊張を取る運動を普段から取り入れることはとても有効だと考える。

◀︎ 前のページに戻る ◀︎   △ ページの先頭へ △