アプワードビズコンサルツロゴ

彰考録

中小企業診断士今井彰の日々の考えを録したもの

“気づき”は誤訳?


コーチングでいう“気づき”、英語のawarenessの訳語である。昔、学生の頃使っていた英和辞典で調べたところ、「認識、知覚、自覚、意識、知識」であり“気づき”とは書かれておらず、和英辞典で“気づく”を調べたところnoticeなど他の言葉は記載されていたがawareは載っていなかった。

また、本によっては、awarenessを「感覚を通じて、心の奥底から感じた気づき」と書かれており、国語辞書にある「それまで意識になかったことに、思いが及ぶ。気がつく。」とは、深さが違うというか、レベルが違うというか、言葉本来が持つニュアンスが消えてしまうので、間違った訳語であり、別の言葉で説明するべきだと思っていた。

最近の辞書には「気づいていること、知っていること」という記述もあり、和英辞典に、“気づく”の項目にaware ofが載っているので、誤訳というのは言い過ぎなのだろう。ただ辞典の説明には、「awareは重要な事柄の存在に気づく事をさし・・・」と書かれているので、単純に気づく事とは区別されるべきという思いは変わらない。

どちらにしろ、クライアント候補に「コーチングを受けた結果、“気づき”を与え成功へ導きます」と営業をかけたとしても、売り文句としては弱いように感じる。得られる成果が単なる“気づき”では動機付けとして弱いからだと考えている。

営業的にも気づきの“深さ”が伝わる別の表現が必要だと考える。

コーチとして活動していた時期、私自身は“気づき”ではなく、少し長いが“今まで気づかなかった本当の答えを見るけること”とか、“新たな発見”という表現を使っていた。

今思うと、これでも弱いかな?と思う。

何かもっと良い表現はないだろうか?

カテゴリー

個人的なこと

日々の活動で気をつけていること

◀︎ 前のページに戻る ◀︎   △ ページの先頭へ △