アプワードビズコンサルツロゴ

彰考録

中小企業診断士今井彰の日々の考えを録したもの

私とコーチングの関係

社会人になってすぐの頃(1995年)、雑誌に“従業員をコーチすることの重要性”について書かれていたのを読んだのが、私コーチングという言葉に出会ったきっかけである。率先励行・指示命令の徹底という従来の従業員教育に疑問を感じていたので、コーチングはとても可能性がある教育方法に見えた。

というのも、従業員はお客の方を向いて仕事をしなければならないのだが、従来の教育方法だと、従業員は如何に指示命令に従うかということに意識が向く、つまり上司の方を向いて仕事をしているように感じられたからである。

とは言え、当時はまだ日本にコーチの養成機関はなく、インターネットもブラウザーがまだモザイクしかない始まった段階で日本語のサイトもどこかの大学の研究室ぐらいと、今のようにグーグルさんに訊けば色々と答えを教えてくれるような環境ではなく、情報がなかなか手に入らなかった。

ひとまずカウンセリングの技術を応用したものというのだけは解ったので、カウンセリングの本を読んで、実際にバイトさんに使ってみて効果を確かめるということを繰り返しながら自分なりの技術を磨いた。

色々と失敗もした。今でも覚えているのは、初めてオープン店の店長になった際、まだ業務内容も覚えていないスタッフに自ら気づきを与えようとしたが全く動けず、本社から応援に入っていた上司に怒られたことである。後になってみれば失敗するのは当たり前のことで、コーチングはその人がリソース(知識・価値判断基準など)を持っていることが前提になった技術であるが、まだ2、3日しかその仕事をしたことがないスタッフがリソースを持っているはずがなく、ティーチングをしなければならない段階であった。

最終的には、本社からは白い目で見られつつも、お店を訪れた同僚の店長から「従業員の動きが全く違う」と評されるぐらいにはなった。サラリーマン時代の私にとって、コーチングとはマネジメント手法という位置付けのものであった。2004年独立を考えていた時、コーチングのブームが起きた。そのニュースを見て初めてコーチの養成機関が日本にあることを知り、プロを目指して受講した。

プロとして独立はしたが、すぐに限界にぶつかった。私の中には売上を上げるためには抑えなければならないポイントについて明確な答えがあるが、クライアントが気づきの結果出した答えがそのポイントから全く外れたものであることが多かったことにある。クライアント様は売上を上げるために一生懸命努力をされているが、以前の私と同じようにリソースに不足があり、効果的な施策が打てないことが多いように思える。

とは言え、“正しい答え”をアドバイスしたとしても、それだけではクライアント様はなかなか行動には移すことが難しいことが多いので、現在の提案型コーチングをベースとしたやり方に落ち着くことになる。

カテゴリー

個人的なこと

日々の活動で気をつけていること

◀︎ 前のページに戻る ◀︎   △ ページの先頭へ △